院長の一言

東海テクニカル整体の院長が日々の一言をつぶやいたり、整体の方法を語ったりしています。

【首筋から後頭部にかけて重い痛み】からだの痛みで病気を知ろう

●頭を締めつけられるような痛み
●首筋から後頭部に鈍痛やズキンズキンと脈打つような痛み
●頭に重りをつけてるような持続的な痛み
●神経痛のような刺すような痛み



首筋から後頭部.jpg
【緊張型頭痛】(筋緊張性頭痛)の病気が考えられます。
精神的肉体的ストレスなどによって、後頭部や首筋などの
筋肉が緊張して引き起こされる慢性の頭痛です。
脳疾患ではありません。
整体で以下の主原因を矯正し、首・肩こりを緩めていくと、改善します。

『頚椎障害』
首の骨の変形や靭帯の損傷により緊張型頭痛を引き起こします。
緊張型頭痛で最も多いのが頚椎障害で、中でもダントツに
多いのが頚椎症です。
力仕事やスポーツ、姿勢不良、小さな外傷の積み重ねなど生活してきた
歴史と加齢変化としての頚椎の変形、椎間板のへたりが
頚部の痛みや重苦しさ、運動制限など頚部の症状として現れた状態です。
整体で、頚椎の調整を正確におこなうと改善されます。
 
『視力の調節障害』
眼精疲労による慢性肩こりですが、以下の原因が考えられます。
●目の使いすぎ
●眼科疾患
●目の調節作用の低下
●精神的なストレス
眼科の診察を受けてください。
治療後に整体等で、首や肩を緩めると改善が早くなります。

『咬合不全』
歯の咬み合わせが悪いと、慢性肩こりの原因になることがあります。
歯医者さんに相談しましょう。


頭痛が続くからといって鎮痛剤を飲み続けるのは避けたいですね。
痛みがひどい場合は、脳外科や神経内科で検査してもらいましょう。
「緊張型頭痛」と診断された場合は、早めに整体で矯正をして、
筋肉を緩めてもらってください。
| comments (0) | trackbacks (0)

COMMENTS

Comment Form

TRACKBACKS

Information
  • 東海テクニカル整体の院長が日々の一言をつぶやいたり、整体の方法を語ったりしています。
New Entries
Archives
Categories
Recent Comments
Profile
Other