筋肉百科事典

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
ちょうしょうきん

長掌筋

長掌筋(ちょうしょうきん)は人間の上肢の筋肉で手関節の掌屈、手掌腱膜の緊張を行う。

上腕骨内側上顆、前腕筋膜内面から起こり、橈側手根屈筋の尺側にそって下り、手掌腱膜で停止する。

尺骨動脈の枝によって栄養される。

なおこの筋肉は、しばしば欠如することがある。

欠如していても障害を生じることはないため、靱帯の移植手術に使われることがある。 トミー・ジョンソン手術では、主に野球選手の断裂した肘関節の内側側副靭帯に本人の長掌筋の腱を移植する。

参考文献:
関連サイト:
Powered by Xwords  based on Wordbook
閲覧者のコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。