背面痛


背中の痛みは「筋肉痛・関節痛」と「内臓の病気」に分けられます。
整体で施療可能 病院での診察が必要
筋肉痛・関節痛・側わん症 内臓の病気
  • 体の向きを変えたり、動かしたときに痛みがある。
  • 外から押して痛い。
  • 最初急激に痛くなって、それからだんだん快方に向かう。
  • 体の向きを変えたり、動かすことにより痛みがひどくなることはほとんどない。
  • 痛みのポイントが特定できない。
  • 痛みがどんどんひどくなり次第に悪くなる。

内臓の病気以外の厄介な背面痛
原因 症状 備考
頚椎症 頚椎の変形で神経を圧迫することから、首を後ろや斜め後ろに傾けたとき、普段気になる背中・肩甲骨・肩の中央の痛みが再現される。 姿勢の改善や牽引、頚椎矯正温熱療法で治療するが、痛みが強い場合は専門医の診察を受けましょう。
脊柱側湾症 背骨が横に曲がることで、曲がった側の背中(肩甲骨付近)に痛みが出る。 側湾症参照
上記のいずれも、整体により効果は大きいです。