トップ  >  不眠・うつ  >  自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因(一般論)

症状が一人一人違うように、その原因もまた違います。
自律神経のバランスが乱れるのにはいろいろな原因が複雑に絡み合っているといわれています。

生活のリズムの乱れ 夜ふかし、夜型人間、夜間勤務、子供のころからの不規則な生活習慣、人体のリズムを無視した社会環境やライフスタイル
過度なストレス 仕事などの社会的ストレス、人間関係、精神的ストレス、環境の変化、過剰なストレス
ストレスに弱い体質 子供のころからすぐ吐く、下痢しやすい、自家中毒、環境が変わると眠れない、生まれつき自律神経が過剰な人もいる、また、思春期や更年期、体が弱っているときは自律神経のバランスが乱れやすい。
ストレスに弱い性格 ノーといえない、感情処理が下手、気持ちの切り替えが出来ない、人の評価を気にしすぎる、人との信頼関係を結ぶのが苦手、依存心が強いなど、ストレスの抵抗力が弱い傾向のある人もいる。
環境の変化 現代の生活は適応能力が衰えやすく、社会環境の変化、人間関係や仕事などの環境の変化などの不適応な過剰適応が増えていると思われます。
女性ホルモンの影響 女性は一生を通してホルモンのリズムが変化し続けこの変化が自律神経に影響を与える。

 

自律神経失調症の原因(人体構築上からの論点)

原因としてはストレス、その他の様々な要因が関連しているとは思いますが、私は人体の歪みなどが人体構築上の問題として関係していると核心しています。

頚椎2番・3番が変位すると交感神経が過敏になり副交感神経にスイッチできなくなるため、常に緊張したり興奮したりの状態が続きます。

また、鎖骨の変位は胸骨を体内側に引き込み、直下にある胸管(上半身で最も太いリンパ管)を圧迫してしまいます。
そうすると体内の老廃物を排除できなくなり、筋肉の拘縮や体の不調や精神の異常を訴えるようになります。

姿勢や骨格の変位が人体構築上の問題として自律神経に悪影響を与え自律神経失調症を引き起こし、あるいはストレスの一因として発症を誘発してしまうことは確実であり、重大であります。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:69 平均点:5.07
前
不眠やうつの原因
カテゴリートップ
不眠・うつ
次
治療方法