トップ  >  足首・足底痛  >  足首・足底痛

足は常に体重で負荷がかかります。
そのために仕事やスポーツなど生活の中でも負担がかかりやすいのです。

足の痛みの原因は様々で、痛みの種類も多く、痛む場所もそれぞれ異なりますが、特に足首(足の関節)に痛みを感じる方が多いのではないでしょうか。
体重の総ては足首で支えています。
そのため、足関節は負担が大きく症状が出やすい場所なのです。

痛みが出た場合、長く放置しておくと他の部分にも損傷を与えることになります。
足の痛みを感じるようになった時は、まず原因を知り、正しい治療をすることが大切です。
長年にわたり痛みを我慢した結果、治らなくなるケースも在ります。

足関節が原因の足痛・膝痛・腰痛は、オルソティック(構造医学から矯正具としての役割を持つ靴の中敷)が効果を発揮します。

 

では、あなた自身で簡単な自己診断をして見ましょう。

原因 症状 整体 病院 ((オルソティック)) 備考
疲労骨折 ・痛みの場所が腫れる
・運動すると痛む
・運動をやめると痛みが消える
× × 疲労骨折していても初期のころではレントゲンでもわからないことが多いので、動くと足が痛んだり腫れている場合は疲労骨折を疑ったほうがいいでしょう。
安静・水冷・圧迫治療が重要。
早ければ2~3週間で痛みや腫れは治る。
足底筋膜炎 ・歩行時にかかとが痛む
・歩行時に足裏が痛む
・かかとの内側を押すと痛む
× 偏平足やハイアーチなど足の構築異常が原因でそこに運動が加わると足底に疲労性の炎症を起こし痛む。オルソティックにより足を正常構築することで完治。再び症状が現れることはない。
モルトン病 ・体重をかけると前足部に激痛
・歩行時に焼けるような痛み
足指の間に有病性神経腫が発生する病気。原因は指先に過度な体重がかかることによる。
オルソティックにより足を正常構築することで予防できる。
外反母趾 ・親指が外側に曲がる
・親指の曲がった部分が痛い
・膝が痛む
・股関節が痛む
・脚が疲れやすい
偏平足や開張足など足の形に異常があるところに履物や生活様式が加わることで発生。
外反母趾になると、自然に治ることは無く、オルソティックなどの装具をつけて予防や改善をする。
糖尿病神経痛 ・足裏に何か張り付いたような感じ
・徐々に足の痛みやしびれ
・手足に痛みやしびれ
・足首より先の部分に痛みやしびれ
× × 糖尿病に伴う代謝異常。細かい血管の動脈硬化に伴う血行障害、糖尿病神経障害などが原因。
血統をコントロールすると症状は治まる。
妊娠中の足の痛み ・坐骨神経痛の症状と同じ × × × 妊娠で圧迫された子宮によって下半身の神経に影響を与える。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:151 平均点:4.77
カテゴリートップ
足首・足底痛