トップ  >  操体法

※操体法とは

  体を痛くない方向、気持ちのよい方向に動かして体の歪みをとり、健康体(正体)にしていく動きかたです。

要点

  1.気持ちのいい方向(痛くない方向)へ動く。
  2.呼吸は止めないで、息を吐きながらゆっくり動く。
  3.気持ちの良いところで動きを止め、そのまま5秒くらい保持して瞬間的に力を抜く。
  4.5回行ったら反対側をチェックする。効果なければもう5回行う。
  5.10回以上行う必要なし。無理な動きはしない。

 

1.踵伸ばし(あおむけ)

 踵に力をいれ直角にし、ゆっくり伸ばす。交互に伸ばしてみて、気持ちの良いほうを5秒保持しその後瞬間的に脱力する。5回行う。

2.膝立て倒し(あおむけ)

 膝を立て、膝頭をつけたまま左右に倒してみる。痛んだり張りのある方はしない。気持ちの良い方を5秒、5回。

3.膝立て倒し(うつ伏せ)

 うつ伏せになり、膝を直角に曲げ左右に倒してみる。曲げやすい方、気持ちの良い方を5秒、5回。

4.カエル運動(うつ伏せ)

 うつ伏せで、交互に左右の膝を脇の下に引き付ける。曲げやすい方、気持ちの良い方を5秒、5回。
《O脚、骨盤の歪みに効きます》

5.四つん這いになり、肩越しにお尻の方を見る。
   見やすい方あるいは痛みや張りの出ない方を5秒5回。
《側わんに効きます。》

6.椅座か正座をして両手を頭の後ろで組む。
   両肘を張り上体をゆっくり回してみる。気持ちの良い方、回しやすい方に5秒、5回。呼吸は止めないで!

7.6.の姿勢で、肘が反対側の膝に向かうようにひねる。
   動きやすい方、きもちの良い方を5秒、5回。

 

起床時、就寝時に遣って見ましょう!
1日1回でもOK.毎日続けて【正体】に!
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:176 平均点:4.09
前
施術のながれ
カテゴリートップ
原理療法とは